アパート経営は今では多くの方が視野にいれている資金運用方法の1つともなりました。物件を購入をこれから購入されると言う方もいらっしゃるでしょう。その際、第一の基準として新築アパートか・中古アパートかなどという問題も考えられます。そして、そのどちらについてもいえる条件というものがあるのです。

今回はその中の「賃貸需要」について見ていきたいと思います。

■賃貸需要とは
賃貸需要とは、文字通りに入居希望者が望むアパートの条件のことをいいます。さまざまな条件がありますが、ベーシックなこともいくつか考えられるでしょう。特に「利便性」は大きなポイントとなってくるのです。

■利便性が良いと感じる環境とは
まずは最寄り駅からのアクセスです。理想的なのは「最寄り駅から徒歩5分」というスタンスでしょう。単身者の方であれば、近くにコンビニエンスストアがあることなども条件としてあがってくるかと思います。また、ファミリー層においては、スーパーなどの生活施設・学校や郵便局・銀行・病院などの施設が充実しているなどという事もあがってくるのです。

エレアのニーズにそった間取りや設備が整った物件であることが利便性が良い環境といえるでしょう。

■土地によっても利便性は変わる
また、上記傾向は「土地そのもの」によっても変化してくるでしょう。単身者が多い地域なのかそうでないのかによって利便性の「優先度・重要度」というものも変わってくるのです。

■空室が出にくい立地環境
こうした利便性をかんがえた立地というものは、空室が出ないことにもつながってくるかと思いますので、これから物件を購入されると言う方は意識をしておくと良いでしょう。不動産会社においても、こうした部分を含めアドバイスをくれるかとも思います。