アパート経営をしたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。
今では「副業」としてアパート経営者になるという方も増えているのです。
そこで、まずはアパートそのものを探すという場合も出てくるでしょう。
この際のポイントや選び方などについて考えていきたいと思います。

■目的にあわせて比較検討をすること

まず、アパート経営をするには、それを通した「目的意識」を明確にする必要があるのです。
それが、どのような物件を購入すべきか検討していくと成功に導きやすいかとも思います。
大きく物件を分けると「新築アパート」と「中古アパート」があるでしょう。

■新築アパートについて

新築アパートは表面利回りは中古と比較をすると低いという事は考えられますが、実質利回りや入居率においては有利だとも言われています。
また、多くの減価償却費を控除することも可能ですから、節税という意味合いにおいても良いでしょう。

さらには、安定収入源も新築の場合ですと入居者に好まれやすいという傾向がありますので期待しやすいともいえるでしょう。

■中古アパートについて

中古アパートの良い点は、修繕費が多くかかりがちとはいえ、その分を経費として形状をすることが可能です。
このことによる節税効果というものは得ていただけるでしょう。
設備や間取りの問題も多少はありますが、入居者が見つかれば安定的に高い利回りをも期待できるかとも思います。

■充分に考えて決断しよう

新築アパート・中古アパートそれぞれに良い点はあるものです。
不動産業者と相談しあいながら、そして何よりも自分自身の目的とつりあった物件を探していただくことをおすすめします。
安い買い物ではありませんので、充分に考えて決断しましょう。